未経験でも採用したいと思わせるには?

未経験でも採用したいと思わせるには?

異業種にチャレンジしたいとき

 

 異業種への転職を考える場合、ネックとなるのが「経験のなさ」になります。それをカバーするためには、履歴書に書く志望動機や面接で「未経験だけれども期待できそうな人材」ということを面接担当者に思わせる必要があります。

 

なぜ異業種へとトライするのか

 

 面接ではおそらく、「どうしてこの業種に転職しようと思ったのですか?」といった質問がされるでしょう。その場合、ただ興味があったからというようなニュアンスの答えはあまり望ましくありません。

 

 どうして興味を持ったのかということを具体的に述べ、新たな業種に対して何でも意力的に取り組んでいきたいというようなことをアピールしていくといいでしょう。

 

もちろん答えは一つではない

 

 志望動機や面接で参考にしたい例文は数々紹介されていますが、それらもあくまでも参考例に過ぎません。どうして異業種転職を決断するに至ったのかということを、もう一度考えてみると、おのずと志望動機や面接の対策ができてくるのではないでしょうか。

 

 一貫して言えるのは「あいまいな答えではダメ」ということです。面接担当者に対して何も伝えられないような内容だと、印象に残らず、それならば他の経験者をということにもなりかねません。ですから、やはり具体性というのが大切になってきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ